CG中萬学院 - 神奈川県・横浜市の高校入試、高校受験に強い進学塾

川崎市立川崎高校附属中対策

写真: 川崎市立川崎高校附属中を目指すならCHUMAN

2018年度中萬学院グループ公立中高一貫校合格実績
192 7年連続県下No.1
県立平塚中等 96名 6年連続県下No.1 県立相模原中等 19名
横浜市立南高附属中 55名 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高附属中 18名
川崎市立川崎高附属中 4名

※7年連続No.1は各塾中の県内公立中高一貫校合格者数、南高附属中合格者数において(中萬学院調べ)

Jコース指導で小4から基礎学力をじっくり高め、小5からは文理特化コースで適性検査学習を開始、小6からは専用コースで合格力を伸ばします。

川崎市立川崎高校附属中の入学者選抜

川崎市立川崎高校附属中の募集は男女120名で、川崎市内のみの募集です。入学者の選抜は適性検査と面接と調査書によって行われ、その選抜資料の比重は適性検査7:面接2:調査書1です。3つの資料を所定の計算方法で数値化し、総合的な選考が行われます。選考結果が上位の者から120名が合格者として決定されます。

適性検査

ⅠとⅡが実施されます(時間は各45分)、配点は各200点満点です。

面接

7名ごとのグループ形式で実施される検査です。面接官との質疑応答のパートと、グループに1~2題のテーマが与えられ、それについて受検者が一人ずつ発表するパートからなります。複数の面接官が以下の点を重視しながら評価します。
●志願者との直接的な対話を通して、質問に対する答えの内容、受け答えの仕方や態度から6年間学ぼうとする意欲や目的意識 、コミュニケーション能力等を総合的に見ます(100点満点)。

調査書

小学校6年の12月末時点の3段階8教科の評定が資料となります(100点満点)。観点別の評価や記載事項は資料になりません。

CG中萬学院の川崎高附属中対策指導

適性検査Ⅰは、資料や説明文の読解と400字の作文が出題されます。適性検査Ⅱは、算数や理科、他の科目の内容も総合的に出され、記述式の問題が多数出ます。また、「グループ面接」も課されます。

学校別対策
適性検査Ⅰは、基礎知識から記述問題の解放まで出題傾向に即した教材で実践力を高め、適性検査は、算数の頻出単元や実験・観察の問題で特化教材で強化し実力を養成します。「グループ面接」は、定期的な訓練の場で対策します。

NEW 小4 基礎学力の幹となる考え方を育てる指導

■考えること+思考してみること Jコース+オプション講座による対策

通塾回数 Jコース週2回(英算国とプライム スタディ計200分)+オプション講座週1回(50分)
対策講座内容 文章や資料を読み取って書く力や、算数の頻出単元の学習を通した論理的思考力の育成をします。また、基礎学力を土台とし、考える姿勢作りや根気強く取り組む姿勢作りを行います。
授業料(月額) Jコース8,000円(税抜)+オプション講座3,000円(税抜)

指導期間は2018年4月~2019年2月です。
オプション講座は申込制有料講座で、Jコースとの併用受講です。
上記のほかに諸費用・模試代・テキスト代が別途必要です。

■設置スクール

小5 基礎学力を充実させながら「適性検査学習」を

■小5文理特化コース

通塾回数 週1回(220分)または2回(110分×2)
指導内容 Jコース/算数 80分、国語 40分、英語 40分、英語Ⅱ/社会、理科/プライム スタディ(隔週 各30分)、オプション講座 文系・理系 各55分
授業料(月額) 13,000円(税抜)
開講特典特別料金につき5,000円(税抜)

上記授業料特典は2019年2月までの月額授業料に適用されます
上記のほかに諸費用・模試代・テキスト代が別途必要です

■設置スクール

小6 適性検査Ⅰ・Ⅱ、グループ面接対策に特化した指導

■専用コースによる対策

通塾回数 週1回(240分)または2回(120分×2)+オプション講座(週1回120分)
対策コース指導内容 文系/資料の整理と記述の方法や、説明文の読解法と効果的なテーマ作文の方法を習得します。
理系/算数・理科の基本事項の定着と、図形問題や実験・観察などの問題への対応力と記述力を育成します。
オプション講座指導内容 算数・理科の重要単元の復習を行いながら、算数では応用問題の完成を目標とします。また、夏以降は、総合的な適性検査問題の演習および解説を通して、出題傾向にあった実践的な力を育成します。
授業料(月額) 15,000円(税抜)+オプション講座7,400円(税抜)
開講特典特別料金につき月額授業料が5,500円(税抜)

上記授業料特典は2018年2月までの月額授業料に適用されます
オプション講座は9月より休日に開講する申込制の有料講座です(対策コースとの併用受講です)。
上記のほかに諸費用・模試代・テキスト代が別途必要です

■設置スクール


他のコースを探す  公立中高一貫校対策紹介に戻る

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る