CG中萬学院 - 神奈川県・横浜市の高校入試、高校受験に強い進学塾

CG中萬学院 指導の特長

小学4年から中学3年生まで公立中高一貫校・高校受験を通じて「学ぶ楽しさ・代転び」そして成功体験を積み重ねるために

グローバル化や技術革新が加速度的に進むこれからの時代。目まぐるしい変化が繰り返される「知識基盤社会」を生き抜く力が『21世紀型能力』です。Chumanは1954年の創立以来、子どもたちを志望校合格へと導く学習指導とともに、その先の未来も目標をもって学び続けられる力を育んできました。子どもたちを本気で支える講師による「集中・活気・真剣」の息づく授業で、高い学力と強い意志、夢や目標をカタチにできる確かな力をつけるべく一人ひとりとしっかり向き合い続けます。変わり続ける未来に立ち向かう子どもたちのために、私たちの伝統の授業はさらなる革新を続けます。

私たちは変わる。
キミも変わろう、Chumanで。

これから求められる21世紀型能力とは

「学び続ける力」が身につく学習サイクルの確立を、様々な取り組みを通して力強く支援!

動き始めた教育改革
2018年度より「新学習指導要領」先行実施

教育改革の流れは20世紀末から始まっています。「知識基盤社会」の現代を生き抜く力が21世紀型能力。「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性」この3つの力が学習指導要領でも入試でも問われています。

Chuman Quality 中萬学院の教育

入試で求められる力が変わった
知識の活用力

高校入試でも大学入試でも、今後、教科を横断した出題や、総合型の出題が見られるようになります。その中では、与えられた課題を、知識を組み合わせて解いていく「知識の活用力」が問われます。

英語で理解し英語で伝える
ツールとしての英語力

新学習指導要領では小学5・6年生で英語が教科化され、中学校では英検準2級レベルまで到達目標が引き上げられます。4技能の習得、つまりコミュニケーションツールとしての英語力が問われるようになります。

自分への自信が未来を開く
学び続ける力

地球規模の経済・環境等の問題、そして国内の人口減少、少子高齢化問題。50年後には日本のGDPが半減すると推測される中、子どもたちに必要なものは、成功体験を積み重ね、自信を持ち、将来にわたって学び続けることのできる力です。

21世紀の学びのニーズに体系的に応えるコース設定

小1~小3生 玉井式国語的算数教室

算数指導を通じて、すべての学力の基礎となる「イメージング力」を養います。

小4~小6生 J(ジュニア)コース

大学入試までを見据え、公立中高一貫校受検や高校受験で求められる新しい学力を育成するコースです。

小4~小6生 公立中高一貫校受検対策

公立中高一貫校合格を目標に、文系・理系 の学力を高め、県立・市立の適性検査対応力を育成します。

  • NEW 小4Jコースのオプション講座開講

中1~中3生 Rコース

高志向・高学力・高内申を養成する中萬学院伝統の高校受験指導のコースです。

資料請求 無料体験 教室検索

資料請求

無料体験

ページの先頭へ戻る